翰林日本語学院 教務主任 岸根彩子


『みんなの日本語初級』の練習Cでは学習した文型や表現がどんなときに「使える」のかということを学習者にわかりやすく示しながら練習することができます。
私が教えている日本語学校ではできるだけ教科書を開く前に練習Cの絵カードを見せ、ここはどこなのか、この人は何をしたいと思っているのかなど発話の目的や状況を学生から発話を引き出す形で確認してから練習をするようにしています。
この度新たに発行される『みんなの日本語初級Ⅰ 第2版』では練習Cの絵が教科書の中に提示されるということですので更に使いやすくなることと期待しています。
私は練習Cを導入に使うこともありますが、基本は導入後に口頭でドリル練習を行い、その後、練習Aの読み合わせと練習Bを利用してのドリル練習を行います。そして学生達がその文型の持つ意味、用法を理解した上で練習Cを使って練習を行っています。

練習Cが「自分のことを話す」内容、例えば経験を話すなどのときには発展練習としてペアやグループで話す練習をすることは多くの先生が実践なさっていると思います。
教科書を離れて、実際に学生達が興味のあること、行ったことがある場所、行きたい場所などの話題で練習ができたら楽しく教室活動ができますし、練習の中である学生が日本の文学オタクだったり、自転車で色々なところを旅行していたり…など学生の意外な趣味や経験を知るきっかけにもなります。そしてそれはクラスの雰囲気作り(私の経験上、仲のいいクラスは出席率も勉強のモチベーションも上がります)や、教師の次回の授業準備(「次の導入には彼のこの趣味を使おう」「このクラスはアニメが好きな人が多いから、今度アニメの一場面を練習に使おうか」など)の情報源にもなります。

しかし、学生に自由に会話させるにも教師側が準備をして臨まないとせっかくの「自分のことを話す」という時間を有効に使えないこともあります。
私の今までの授業の反省点から考え、実践していることをご紹介したいと思います。

日本語のクラスには日本語そのもののレベル差だけでなく、日本についての情報量の差もあります。どこにも遊びに行ったことのない学生もいますし、「ドラえもん」を知らない学生もいます。言いたいことを日本語でどういったらいいのかわからない、そして他の学生ペアの発表を聞いても何について話しているかわからずに不安を感じる学生もいるでしょう。そして練習の時間には限りがありますので学生一人ひとりが言いたいことを「それは日本語で何と言うのか」を確認し、またそれをみんなにもわかるように発表させるというのは時間的に無理があります。結果、不完全な文で発表し、周りの学生も???という微妙な雰囲気のまま練習を終えることになってしまったこともあります。
そこで、日本語力や日本についての情報量に差のあるクラスでは、写真や絵などで「自由に会話が作れるヒント」を提示してから練習するようにしました。

例1 『みんなの日本語初級』12課 練習C 1