講師:EF International Language Centers 教諭 金田さつき 


 非漢字圏の学習者が初級のテストで合格点を取り(ここまで、かなり努力して)中級へ上がっても、中級レベルの学習では、彼らにとって必要以上の負担を与えることが多くありました。中級クラスで使用していた教科書にはルビがなく、非漢字圏の学生は文型は理解できても、例文も練習問題の問題すら読めず、漢字がわからない事で、授業についていくことができないのです。
 

 彼らにとって授業は退屈なものになってしまったのではないか。ヤル気を失い反応がなくなってしまった学習者の表情をどうにか明るくしたい。学習者が興味を持って積極的に授業に参加し、時間を忘れて集中でき「今日の授業は楽しかった」と言われるような授業をしなければ。接客のアルバイトができるほど、日本語のコミュニケーション能力が高く、「話す」「聞く」ことが得意でも、「読む」「書く」ことが苦手、そんな非漢字圏の学習者に合った方法で楽しく中級日本語を勉強することができないものかと悩んでいたとき、『みんなの日本語中級Ⅰ』に出会いました。


 メインテキストとして導入する中級教材は文型を読解文で学習するものが多く、読解中心の授業になりやすいですが、『みんなの日本語中級Ⅰ』では、学習した文法事項を「読む」「書く」ことで練習するだけではなく、非漢字圏の学習者が得意とする「話す」「聞く」ことで練習し、身近な話題に置き換え発展練習をすることもできます。また、学習者が興味を持ち、自ら話したくなるような話題へと教師が持っていくこともできます。教科書を学習者と読んで終わる授業になることなく、教科書から離れた授業へと持っていくことができます。


 各課にある「チャレンジしましょう」は、その課に出てくる新出の学習項目を教科書内の「練習」をした後、自分の身近な話題に置き換えて、学習者それぞれの立場に合わせ実践するコーナーで、ここでは学習者自身に必要な日本語、使える日本語を学ぶことができます。