講師: 東京三立学院 副校長 及川信之


この春の『日本語能力試験模擬テスト』シリーズ第3弾の刊行は、これまでの2レベル(N1、N2の全4冊)を利用してきた当校にとって歓迎すべきことでした。当校は進学コースの学校で、どちらかといえば日本留学試験への対応授業が中心であるため、日本語能力試験受験者にはこの模試の使用が受験前の大切な力試しとなっているからです。

語彙や機能語など日本語能力試験受験者のレベル(N1・N2)に分けて対策授業をおこなっている学校も多いと思いますが、定着を確認する小規模なテストは学内で対応できても、やはり試験が近づくと本番さながらの模試が必要なのではないでしょうか。全体のボリューム、時間配分、解答スピード、そして緊張感、どれもが通常枠の授業内ではなかなか体感できないものです。ましてや学習者が自宅で取り組むとなると極めて難しいと思われます。

では模試を受けさせればいい、ということになるのですが、学習者にとって一番いいかたちの模試とは何かを考えてみましょう。

まず「費用が安いこと」。学習者負担であれば当然です。

二つめは「本番と同じ時間と分量でチェックができること」
模試タイプの問題集は数多くありますが、前述のように学習者個人で行うのは難しく、教室のような会場で行う必要があります。

三つめは「模試受験後、解説が受けられること」
得点や不正解箇所がわかるだけでなく、なぜその解答になるのかということを受験者であれば知りたいはずです。

そして四つめは「受験者自らが復習できること」
特に聴解に再度取り組めることが重要なのですが、外部の模試などでCDが配られることはありません。


こう考えると理想の模試を受けさせるのは不可能なように思えますが、これを可能にしたのがスリーエーネットワーク『日本語能力試験模擬テスト』(以下『模擬テスト』)だったのです。一見日本語能力試験1回分の問題をそのまま本にしただけのようですが、活用の仕方で理想の模試が実施できます。当校では2年前からこれを学内実施の模試としておこなっており、今年はN1・N2とも3巻目の使用を決めています。


では、どのように学内模試を実施しているのかをご紹介していきましょう。


まず日程を決め、受験希望者を募ります。そして人数分の『模擬テスト』を発注し受験料を集めるのですが、当校の受験料は945円。つまり『模擬テスト』の税込価格と同じなのです。模試としては格安ですし、終了後は当然CD付きの本そのものがもらえるわけですから、この段階で前述の条件一つ目と四つめはクリアです。

そして当日。教室を準備し本番試験とほぼ同じ時間枠で模試を行うのですが、できるだけ緊張感が持てるように、監督教師はいつもの笑顔を封印して対応します(笑)。これで二つめの条件にかなっています。

『模擬テスト』は解答やスクリプトを除いたテスト部分がプルアウトタイプになっているのが特徴で、これが大変都合がいいのです。