東京HOPE日本語国際学院 教務主任 渡邊一彦


 教科書選定にあたっては内容や学習項目の検討もさることながら、その教科書が作成された背景、目的などを何よりも理解しなければならないでしょう。『みんなの日本語中級Ⅰ』は、「多様な学習者の背景やニーズにも柔軟に対応できるよう」、「〔話す・聞く〕(会話)〔読む・書く〕(読み物)の2本の柱を立て」て編纂された教科書であり、「既習の知識能力を活性化し、さらに新しい言語知識を積み上げ、〔話す・聞く〕〔読む・書く〕の課題を遂行して、実践的な運用力を育」み、「学習者が自立的に学ぶ力を身につけることを目指」しています。『教え方の手引き』にもあるように教科書通りに沿った進め方も可能ですが、日本留学試験(以下、EJU)と日本語能力試験(以下、JLPT)の受験希望者が混在する当校においては、「学習内容の選択・調整」が明確である点を生かし、〔話す・聞く〕能力の育成を主な目的として第3学期目もしくは第4学期目(1学期3か月間200時間)に授業前半2時限(100時間)を本書の学習にあて、後半はJLPT対策を行い、同時にEJU対策としても本書を活用していくこととしています。

 EJU対策では、出題形式に慣れるという意味で模擬試験として過去問題等は行いますが、「読解、聴解、聴読解領域」において問われる能力は①直接的理解能力②関係理解能力③情報活用能力であり、これらは日々の学習のなかで「自立的に学ぶ力を身につけ」「実践的な運用力」を培っていくなかで涵養していくものだろうと考えています。『みんなの日本語中級Ⅰ』で〔文法・練習〕を基盤に、言語機能で分類された〔話す・聞く〕課題、読み方の技術とストラテジーが明示されている〔読む・書く〕課題を遂行していくことが、文章や談話の正確な理解に加え情報の重要度の判別や比較、さらにはそれらを活用した解釈能力が求められるEJUの対策となります。本書の活用例として以下のような応用・発展練習が考えられます。

〔話す・聞く〕〈2.聞いてみましょう〉→EJU「聴解問題」対策

第3課〔話す・聞く〕〈2.聞いてみましょう〉設問1)②で以下のような答えの選択肢を与えます。